当院で受けられる治療

はえまつ耳鼻咽喉科では患者さんに、手術を含めた様々な耳鼻科治療を行っております。
このページでは、その治療の一部をご紹介いたします。

鼓膜切開術

対象となる病気

症状の重い急性中耳炎、滲出性中耳炎

内容

急性中耳炎や滲出性中耳炎などで症状が重くなると、鼓膜の内側に液や膿が溜まります。
そこで鼓膜を切り開いて、その溜まった液や膿を取り出す必要があります。
麻酔薬を染み込ませたガーゼや綿花を耳に詰めて、手術時に痛くないよう準備します。
次に、専用の切開刀を用いて鼓膜に穴をあけます。開いた穴から液や膿が抜けると聞こえが改善されます。
開けた鼓膜の穴は、数日~1週間ほど閉じていきますので心配はいりません。

鼓室チューブ留置術

対象となる病気

症状が重い滲出性中耳炎、子どもの反復性中耳炎

内容

滲出性中耳炎になると、滲出液という組織液が中耳に溜まります。そうなると、中耳の換気が十分に行われず、細菌の温床となります。結果、中耳炎が治るまで時間がかかることになり、悪化する可能性もあります。
鼓膜チューブ留置術は、鼓膜に開けた穴に非常に小さなチューブを詰めて、中の滲出液を排出する手術です。

まず、麻酔薬で濡らした綿花やガーゼを耳に詰めて、麻酔が効くのを待ちます。その後、鼓膜に穴をあけてチューブを埋め込み、手術は完了です。

耳管通気療法

対象となる病気

滲出性中耳炎

内容

鼻に小さなチューブを入れて、空気を送る装置をつかい、中耳と鼻をつなぐ耳管という場所に空気を送り込む治療法です。

例えば滲出性中耳炎の患者さんの鼓膜を切開後、すぐに鼓膜が閉じて再度液が溜まってしまうような場合があります。このような場合、鼓膜の内側をしっかり換気することで、粘膜も正常に戻りやすく症状が改善されます。