難聴とは

難聴とは言っても、原因や症状によって様々な難聴があります。片耳だけ、両耳とも難聴になることはあります。
また、聞こえが悪くなったという症状に加えて、耳鳴りやめまい、頭痛などが併発することも多くあります。

難聴の症状

難聴チェックリスト
患者さん用
  • (急に)耳が聞こえにくくなった。
  • 年とともに耳が聞こえにくくなった。
  • 耳鳴りがする。
  • めまいがする。
  • 頭痛がする。
  • 話声が大きいと言われる。
ご家族の方用
  • 電話で会話すると、聞き取りにくそうだ
  • テレビや話す声の音量が気になる
  • 複数の人との会話が難しそうだ
  • 最近、めっきり人と話すことが少なくなった
  • 周りに大きな音があると、聞きづらそう
  • 聞き間違えが多い

3個以上当てはまるようであれば、一度耳鼻咽喉科に相談することをお勧めします。

難聴の原因

難聴の原因は、難聴の種類によって異なります。現代の医学でも、その原因を全て明確に特定できていません。しかし、検査機器の向上や医学の進歩によって、原因が特定でき、改善することができる難聴も増えています。
難聴は、そのメカニズムによって分類されており、「感音性難聴」「伝音性難聴」「混合性難聴」
などが存在します。

感音性難聴

内耳や聴神経の異常により、正常な音声が脳に届かなくなることで起きる難聴です。加齢・騒音に長時間さらされる・先天的な病気・メニエール病や聴神経腫瘍などの耳の病気が原因として考えられます。

伝音性難聴

こちらは集音機能を司る、外耳道や鼓膜に原因があり、起きる難聴です。過度な耳垢・鼓膜の損傷・真珠腫性中耳炎・外耳道のゆがみなどが考えられます。

混合性難聴

感音性難聴と伝音性難聴の複合型です。つまり、外耳道から内耳に至るまで、幅広い箇所に損傷や異常が認められるものです。

難聴の治療

難聴の治療はまず、原因となっている疾患自体の治療が必須です。
難聴は、特に早期の治療開始でその後の状態が大きく左右されるので、違和感を感じたら耳鼻科で検査を受けましょう。
中でも突発性難聴という難聴は発症後、4週間ほどで聞こえの状態が固定されてしまうということもあり、早めの診断が必要となります。

ただし、難聴で治療をしたことで、聴力を完全に回復できるかどうかは、個人差や症状の軽重、治療方法によって異なります。

はえまつ耳鼻咽喉科での難聴治療

当院では、難聴に関する「聞こえの検査」を行っております。
検査・診察で難聴と判明すれば、原因となる病気の治療や補聴器を使った難聴の治療などを行います。
ご家族の方からのご相談も承っております。ご遠慮なくスタッフまでお申し出ください。