急性副鼻腔炎とは

副鼻腔炎

鼻の周辺に存在する副鼻腔と呼ばれる4つの空間に、細菌やウイルスによって急性の炎症が起こることを急性副鼻腔炎といいます。
(※上顎洞・篩骨洞・前額洞・蝶形骨洞の4つ。蝶形骨洞は目の奥・耳の前あたりに存在します。)

症状が長引いたり繰り返したりすると、急性副鼻腔炎から慢性副鼻腔炎という病気へ悪化してしまいます。慢性副鼻腔炎になると、重症化していくこともあります。
単なる鼻づまりや鼻水と思わず、しっかりと耳鼻科で治療を受けてください。
慢性副鼻腔炎 »

急性副鼻腔炎の症状

主な症状は、鼻周辺の痛みと鼻水、鼻づまりなどです。
鼻水はにおいが付いており、粘り気のある黄色や緑の色のものが見られます。
痛みがある場所は、ほお・目の内側・おでこ・頭と、炎症が起きている副鼻腔の場所と連動します。
他にも症状として、嗅覚低下、鼻水がのどに落ちる症状(後鼻漏)、痰がからむ、咳が出る、頭痛がするなどがあります。

急性副鼻腔炎の原因

急性副鼻腔炎の原因としては、インフルエンザ菌や肺炎球菌などの細菌やウイルスによる感染が考えられています。
花粉やハウスダストなどによるアレルギー性鼻炎や、虫歯、鼻中隔という鼻を左右に分ける仕切りが極端に曲がる鼻中隔湾曲症などが、原因となることもあります。
特に、疲労や病気で体の免疫力が低下しているときに、発症しやすくなります。

急性副鼻腔炎の治療

通常、抗菌薬で治します。
症状の具合に合わせて、たまった鼻水を吸引する処置をしたり、ネブライザーを使用した治療をしたりします。
(※ネブライザーとは、抗菌薬などを霧状にして吸引できるようにする装置です。)
また、痛みを和らげるために消炎剤や鎮痛薬を処方することもあります。
耳鼻科での鼻腔洗浄も有効です。

詳しい診断を必要とするときは、レントゲンやCTを使用して、副鼻腔内の炎症を確認します。

慢性副鼻腔炎とは

慢性副鼻腔炎は、急性副鼻腔炎が進行し、慢性化したものが慢性副鼻腔炎です。
通常1ヶ月程度で治る急性副鼻腔炎に対して、3ヶ月以上症状が続くものを慢性副鼻腔炎としています。
以前は蓄膿症と呼ばれる病気でした。
急性副鼻腔炎 »

慢性副鼻腔炎の症状

基本的には、急性副鼻腔炎と同じ症状です。
顔痛、鼻づまり、鼻水、後鼻漏(喉に落ちる鼻水)、味覚障害などがあります。

また慢性副鼻腔炎の場合、鼻ポリープ(鼻茸)という鼻の粘膜が腫れたものができる時があります。慢性副鼻腔炎の患者さんの約10~20%に見られる症状です。

慢性副鼻腔炎の原因

急性副鼻腔炎と同じく、風邪やインフルエンザを引き起こす菌やウイルスが、鼻の粘膜で炎症を起こすことがきっかけになります。

慢性副鼻腔炎の治療

慢性副鼻腔炎になってしまった場合、1回の通院で治ることはほぼありません。ある程度症状が治まるまでは、頻回に来院していただくことがあります。
個人差はありますが、2~3か月ほどの通院となることが多いです。
耳鼻咽喉科で鼻をきれいにする処置を受けつつ、抗菌薬で治療していきます。
また、鼻ポリープ(鼻茸)が出来ている場合で薬による効果が薄い時は、手術することも考えられます。内視鏡を使って鼻ポリープを取り除く手術があり、手術の際は病院をご紹介いたします。