急性中耳炎とは

中耳

「中耳」という鼓膜の奥にある部位に、ウイルスが感染し炎症を起こすのが、急性中耳炎です。
「中耳」は、「耳管」と呼ばれる鼻と耳をつなぐ管で繋がっており、ここからウイルスが侵入してきます。

3歳以下のお子さんの8割近くが、少なくとも1回はかかる病気と言われており、0~5歳までの集団生活(幼稚園・保育園など)をしてる子どもに多くみられます。

急性中耳炎の症状

主な症状は耳に集中しており、耳の痛み・耳だれ・難聴(聞こえが悪い)・耳詰まりなどの症状が多いです。発熱を伴うこともあります。
耳の症状と発熱が重なるようであれば、一度耳鼻科に相談していただいた方が良いです。

言葉を話せない乳幼児は痛みなどを訴えられないため、耳をしきりに触る・急に泣き出す・理由もなく機嫌が悪くなるなどの行動をとることがあります。

急性中耳炎の原因

風邪などを引いた際、鼻にいたウイルスや細菌が耳管を通って中耳に達し、そこで感染すると急性中耳炎になります。
この病気が子どもに多い理由の一つは、子どもの耳管は大人と比べると「太い」「短い」「角度が水平に近い」という特徴があるため、原因のウイルスや菌が侵入しやすいためです。

急性中耳炎の治療

基本的には、鼻水の吸引や耳の洗浄といった耳鼻科での処置と、抗菌薬など薬の服用で治します。

ただし、症状の重さによっては、別の治療法を選択することもあります。
症状が重い場合は、鼓膜を切開して溜まっている膿を出す手術をすることもあります。
鼓膜は一部しか切りませんし、鼓膜の再生能力は非常に高いので数日~1週間程度で塞がります。ご安心ください。
当院で受けられる治療(当院での手術) »

急性中耳炎は放置すると、滲出性中耳炎慢性中耳炎に移行することもありますので、きちんと鼓膜がきれいになっているか、耳鼻咽喉科で経過を確認してください。

滲出性中耳炎とは

滲出性中耳炎とは、滲出液という液体が中耳に溜まり、聞こえが悪くなる中耳炎です。急性中耳炎をしっかり治さず、放置しているとなることがあります。

正常な中耳

この病気で注意すべき点は、幼少期に聞こえが悪いと言語習得が遅れることがあるということです。お子さんが最近、聞こえが悪い・大きな音(音量)にしか反応しないということがあれば、耳鼻科で検査を受けた方が良いです。

正常な中耳

正常な中耳
滲出性中耳炎の中耳

滲出性中耳炎の中耳

滲出性中耳炎の症状

滲出性中耳炎になっても、発熱や痛みを訴える患者さんはあまりいらっしゃいません。
滲出性中耳炎で特徴的なのは「聞こえが悪くなる」ということです。中耳に液が溜まったままですので、聞こえの悪さや耳詰まりした感覚が続きます。
小さなお子さんは、症状を訴えられない場合も多いため、「呼んでも返事をしない」「テレビの音を大きくしがち」「よく耳をさわる」などの症状が見られた場合は、一度耳鼻科を受診するようにしてください。
また放置すると、鼓膜が中耳の壁にくっつく癒着性中耳炎や耳にできものができる真珠種性中耳炎に移行することがあり、手術が必要となります。必ず医師の判断があるまで、治療を続けるようにしましょう。

滲出性中耳炎の原因

滲出液が中耳に溜まる原因は、鼻づまりなどで鼻の状態が悪くなり、換気機能を担っている耳管の機能が悪くなることでおきます。

鼻の状態が悪くなる理由は、慢性副鼻腔炎(蓄のう症)や、アレルギー性鼻炎(花粉症)、アデノイドなどが原因です。急性中耳炎から移行することもあります。

滲出性中耳炎の治療

滲出性中耳炎の治療は、鼻症状の改善と耳管の滲出液を排出することです。
具体的には、薬やネブライザー、鼻の吸引で鼻の状態を良くし、それでも状態が良くならなければ滲出液を排出する手術をします。
通気治療という、鼻から空気を送り込み、耳管の通りを良くする治療法もあります。

手術は、鼓室チューブ留置術という手術があります。中の滲出液をすべて出し切るため、鼓膜を切開し、鼓膜に開いた穴へ小さいチューブを入れて、数日待ちます。
鼓膜は切って開いてしまっても、チューブを外せば数日~1週間ほどで治りますので、ご安心ください。
当院で受けられる治療(当院での手術) »

慢性中耳炎とは

慢性中耳炎は、急性中耳炎が進行し、鼓膜に穴が開いたままの状態になる病気です。
鼓膜に穴が開いており、耳小骨と呼ばれる音の振動を伝える骨まで影響を受けるため、聴力が低下します。

慢性中耳炎の症状

慢性中耳炎の症状は、聴力低下です。

また鼓膜に穴が開いているため、お風呂やプールなどで耳から水と一緒に細菌が入るようになり、感染を引き起こして耳垂れが出ることがあります。
中耳に膿は溜まりますが、鼓膜が空いているので勝手に排出されます。そのため、膿で中耳の壁が圧迫されることはなく、痛みを伴うことはありません。

ただし、痛みが無いからといってそのままの状態にしておくと、中耳の奥にある内耳にまで炎症が及び「感音性難聴」「耳鳴り」「めまい」の症状を引き起こすことがあります。

慢性中耳炎の原因

急性中耳炎を長期間治療しないと、中耳に溜まる膿を体外に排出しようとして、鼓膜に穴が開きます。耳管の働きが悪化することも、原因の一つです。

特に子どもは、風邪から急性中耳炎になるケースが多いので、耳鼻科でその都度しっかり治すようにしましょう。

慢性中耳炎の治療

耳鼻咽喉科で、耳の清掃・消毒・洗浄などの処置と抗生剤、点耳薬などで菌の繁殖を抑え、炎症を鎮めます。
しかし、鼓膜に穴が開いた状態のままだと、軽い風邪などをきっかけに症状が再発しますので、完全に治癒するには鼓膜の穴をふさぐ手術がいります。
鼓膜を塞ぐと聴力が回復する場合もありますが、個人差があります

鼓膜を塞ぐ手術には、鼓膜形成術、鼓室形成術などがあります。